電話代行サービスを利用してみよう|小会社のパートナー

営業に役立てる

レディ

営業を行なう上で、全て人の手で行なうとミスが出たり、データを比較出来なかったりします。そのため多くの企業で、マーケティングオートメーションが導入されています。これにより、顧客のニーズの把握やメール配信など、営業における様々な対応をスムーズに行なうことが出来るようになります。

良きパートナを探そう

電話

外出先でも安心を

会社を立ち上げると、意外にも重要なところが「固定電話(代表電話番号)の取得」である。顧客は、携帯電話番号しかない会社よりも代表電話番号がある会社に電話を掛けるケースが極めて多い。それは、固定電話が設置されている会社の方が信用度が大幅にアップするためである。とはいえ、立ち上げたばかりの会社は従業員も少なく、営業に出ているものがほとんどであるため、顧客から電話がかかってきても誰も出られないという可能性も高くなる。その一方で、電話応対専門の従業員を雇うことは、コスト負担も考慮すると難しいと言わざるを得ない。そういった不安を解消するのが「電話代行サービス」である。経営者などが外出していて不在の時に顧客より電話がかかってきた場合、電話代行サービス会社のスタッフが応対するというものである。しかも、自分の携帯電話など設定したメールアドレスにすぐに報告が送られてくるため、至急の応対の要望にもしっかり対応できることもメリットである。電話代行サービスを利用するには当然コストがかかる。当然割安な業者を選びたいところではあるが、それよりももっと重要なことは業者の質である。業者のスタッフの応対の質が悪いと、自分の業務が非効率になること以上に、会社の評判が悪くなり、業績が悪化することにつながるのだ。そのため、電話代行サービスは慎重に検討する必要がある。様々な業者に電話をかけ、営業担当者やスタッフの対応をしっかりと吟味することが求められる。電話代行サービスは、ある意味では会社の良きパートナーとなってもらえる業者を決めるという意識を持って決めていく必要があるのだ。

構造と活用メリット

システム

営業支援システムは、顧客情報の収集や保存をし、それらの情報を売上アップのために分析します。また、見積もり書や企画書を素早く、かつ正確に作成し、従業員の活動データを一括管理できます。それ以外にも、活用する用途がたくさんあります。

営業活動の報告

男女

営業日報は、営業マネージャーにとって、各営業個人の行動を把握するために、重要なツールになっています。日々の行動計画だけを記載させるのではなく、目標と課題を書かせることで、営業自体のスキルアップとともに、チーム力の底上げにもつながるのです。